04 « 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 » 06

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | --'--.-- --:-- | 固定リンク | CM[×] | TB[×] | PageTop↑

部屋の写真と道子とヴィニ

夏のおわり
誰もいない浜辺は、パパにとっての原風景。
思春期をむかえる頃、波打ち際をはいずりまわるウミウシの夢によくうなされたっけ…。



どうも、かつてアパートの押し入れを暗室に改造してたパパです。
画像は部屋にかけてある古い写真。
正確にはその写真をiPhoneで撮影したもの。 (ほんとはもっと諧調とか奇麗なのよっ。)
この写真はパパのヴィンテージプリントです。
ヴィンテージプリントってなんや?
という人のため説明しますと、写真家が撮影時とほぼ同時期にプリントした写真のこと。
希少価値はもちろんのこと、本当の意味で写真家の作品と呼べるのはこのヴィンテージプリントだけとも言える。
デジカメ普及と共に今ではほとんど死語となりつつあるのが寂しい。

写真なんてネガさえあれば何枚でもプリントできるぢゃん!

な~んて考えてるそこのあなたっ。
そいつぁ、大きな間違い。
アナログ界にまったくの同一なんてありえない。
特に手作業でのプリントはプロでも納得いく作品に仕上げるのは至難の技。
アメリカの巨匠アンセル・アダムスは、ネガを楽譜、プリントを演奏に例えました。
どんなにすばらしい楽譜があっても演奏がうまくいかなければ作品として成り立たない。
同じ演奏者が同じ楽譜で奏でてもまったく同じしらべをだすことは不可能。
それくらい暗室でのプリント(演奏)というのは難しいものなのよ。

パパの好きな写真家に今道子(こんみちこ)というのがおります。
コハダでブラジャー作っちゃったりするヘンタイです。
彼女の本は子供に見せないでください。
で、この今さんのプリント手法をパパはよく真似ておりました。
彼女の手法を演奏に例えるならば、ヴィニのギターのごとく繊細。
かつ、ネガの可能性を最大限に引き出せる手法なんだな。
つ~ことで、今日のBGMは「The Durutti Column」ね。

Vini

よくもまぁ、パンク、ニューウェーブの全盛期にこんな繊細なしらべを奏でたものだ。



あぁ、もうすぐ夏が終わっちまう・・・
スポンサーサイト

Theme: 写真日記 | Genre: 写真

Tag: 暗室 ヴィンテージプリント ネガ プリント アンセル・アダムス 今道子 The Durutti Column

写真 | 2009'09.02 19:28 | 固定リンク | CM[0] | TB[3] | PageTop↑

お絵描きツール『Brushes』がきもちイイわけ

どうも、自称画家のパパです。

昨日、iPhoneのお絵描きツールBrushesというのをダウンロードした。
これがすんごい使いやすくて楽しいのよ~!!
なんたって、自分の指で絵が描けちゃうってのが Good!( ̄0 ̄)b
まぁ、ここでうだうだ説明するよりも、下のYouTube見た方がはやい。
ディズニーのアニメータが「Brushes」でキャラクタを描いてます。

ピクチャ-2

パパはどうもペンタブレットってのがむかしから苦手なのね。
プラスチックのペン先でスルスルする画面をこする感覚がどうしてもゆるせないのよ。
なので、このブログで描くことらの絵もかたくなにタブレットを拒否。
強引なまでにPhotoshop &マウスで描いてきた。

でも、これからは『Brushes』ですよ!

もうマウスには戻れません。
iPhoneの画面もツルツルなんだけど、タブレットペンではなく指で直接描くって行為がきっとヘンな違和感を緩和してくれるんだろうな。
なんかね、パステル画を描いてる感覚・・いや、ガラスの上にアクリル絵具ぬったくってる感覚に近い。
とにかくきもちイイ~!

でね、さっそく今朝ことらを描いてみました。
制作時間は1時間てとこ。
はじめて使うツールにしてはなかなかの出来だと思うんだな・・・
写真
いつもサインは“森”なんだけど、どうも指ではうまく書けなかったんで“くま”にした。
ことらの瞳がアンニュイなのは、ちょうどごはんタイムの直前で空腹のMAX状態だったからね。
もしこの絵にタイトルつけるとしたら、「ハラへったよ~ ごはんまだかよ~」だな。

最近ことらの絵をさぼってたけど、これでまた復活の兆しが・・・。
あとこのツール、携帯性にすぐれてるんで外でお絵描きする機会が増えるかも。
風景画とかにも挑戦してみたいなぁ~。
ひとつ難をいえば、もう少し画面が大きかったら・・・でも、そしたらiPhoneでなくなっちゃうね。




【メモ】『Brushes』で描いた作品がflickrにたくさんありました。どれも力作です。こういうの観ると、パパはまだまだだなっ!【Brushes Gallery – iPhone Art】

Theme: 今日のイラスト | Genre: 日記

Tag: iPhone 絵描きツール Photoshop Brushes ディズニー アニメータ キャラクタ ペンタブレット パステル アクリル

ことら | 2009'08.02 17:08 | 固定リンク | CM[0] | TB[1] | PageTop↑

ボランティアの加藤さん

1216550965_138.jpg


どうも、金曜は雨の夜、仕事でへとへとになった帰り道に財布を拾い、往復4キロも歩いて交番に届けたパパです。


そんなこんなで土曜の朝は、なかなか目覚めなくて布団でゴロゴロ・・・。
そしたら、“ぴんぽ~~ん” て、誰かが外から呼ぶじゃない。
休日午前の訪問なんてNHKか新聞の勧誘ってきまってる。
眠いし面倒だからでないっ。
とかぐずぐずしてると、“コンコン・・・” て、今度はノックしてくるじゃない。
ウチはエレベータなしの4Fなのよ。
もし宅配の人だったら、階段を重い荷物かついで上がってくるわけですよ。
だったら、居留守つかっては申し訳ないっ。
てんで、眠い目こすりながら扉を開けましたわ。

すると、パパと同い歳くらいの女性が立っていた。
彼女はパパの寝ぐせ全開の頭を見て

女:「あ、おやすみのところでしたか (;^_^A アセアセ・・・」

誰が見てもそう思うわな・・・。
ちっ、やっぱり居留守つかうべきだった。

パ:「どういったご用件でしょうか?(; ̄ー ̄)...ン? 」
女:「はい、聖書のボランティアをしている加藤と申します。」


寝ぼけた頭で、聖書のボランティアってなんだよ!それって日本語としておかしくね?とかつっこみを入れつつ、

パ:「そゆの、間に合ってますから・・・」

と、これまた成り立たない会話で応戦し扉を閉めた。


まぁね、政治も行政もボロボロだし。
経済的格差もこうひろがると、誰にでも平等な宗教に頼りたくなる気持ちもわからんではない。
でも、ウチは加藤さんを招き入れるつもりはないのだよ。
だいいち、ことらが見知らぬ者の侵入を許さない。


そうそう、拾った財布はパパと同じスペイン製ヴィトンだった。
交番で中身を確認すると、学生証と共にクレジットカードが何枚も。

ちっ・・・・!(`(エ)´)
ぼんぼん大学生かよっ。


なんて思わず心の中で悪態をついてしまったパパを神は許してくれるだろうか・・・

Theme: 猫のいる生活 | Genre: ペット

Tag: 聖書 ヴィトン 財布 ボランティア

未分類 | 2009'07.07 22:32 | 固定リンク | CM[0] | TB[0] | PageTop↑

女性にもあったんだ

・・・社会の窓。

出勤時、駅に向かう途中にあった出来事。
前を歩く女性のスカートのファスナーが全開だった。

1167836319_205.jpg

「パンスト越しにショーツ見えちゃってんぢゃないのよ~~~っヽ((◎д◎ ))ゝ!!」

ローライズはいてる女子が前屈みんなってパンツ見せびらかしてんだったらラッキ~で終わるんだけど。フォーマルなスーツ着て、いかにもこれから出勤ですって感じの女子に対しては意外にも理性的なパパ。

彼女にしてみれば、誰かに指摘してもらってすぐにでもファスナー上げたいだろう。
だが、見ず知らずのオヤジにいきなり肩たたかれて

「ファスナー開いてますよ・・・」

なんて言われたらどうよ?
だいいち彼女のパンツを目撃してしまったオレはどんな顔して言うんだよっ。
相手に微塵のいやらしさも感じさせず、さわやかな笑顔で

「お嬢さん、ファスナー開いてますよ・・・( ̄ー+ ̄)ニヒリッ...」

な~んて芸当、オレには到底できんっ。

さぁ、困った・・・
彼女がこのまま何も知らず電車に乗ったら、迷惑防止条例を違反する輩の餌食になってしまうのでは?( ̄ε=‥=з ̄)
会社に到着するまでの間、若い女性が大勢の人にパンツを晒してしまうのだぞ。
そんな可哀想なことにしていいのかオレ?



でも、結局パパがとった行動は見てみぬフリ。
彼女をさっさと追い越し、そのまま駅の改札へ逃げました。
彼女は会社に着いてはじめて同僚に指摘され、

「やだぁ~~~~っ!!<(゚ロ゚;)>」

とか言って赤面悶絶したのだろうか。

Theme: どうでもいいこと。 | Genre: 日記

Tag: 社会の窓 スカート ファスナー パンスト ショーツ パンツ ローライズ 赤面

未分類 | 2009'05.20 22:15 | 固定リンク | CM[0] | TB[0] | PageTop↑

へたれアルフィスタ

アルファV6

うっとり・・・
アルフィスタにとってこのエンジンルームは宝石箱なんだなっ!!

ん?!・・・あり?
なんかすごく冷却水減ってるよっ?

サブタンク

サブタンクにほんのちょっと残ってるってことは、一応ラジエターは水で満たされてるってことだよね(?)
すぐにオーバーヒートするってわけじゃないよね。
でも気になるからディーラーに電話してみた。

「水道水たしといて下さい。」

あっさり言われた。
そう言われても、へたれアルフィスタのパパとしてはやっぱり不安。
てことで、オーナー必携の本「ALFA ROMEO 147&156 Maintenance & Tuning File」を取り出して調べてみた。

載ってたのはTSエンジンについてだが、冷却水容量は6.9リッター。
他にはLLCがどうのこうのといろいろ勉強したが、やっぱりウチのは水が足りないようだ。

12月の車検のときにクーラント交換してるはずなんだけどな~。
冷却水って蒸発すんの?
ホントに水道水でいいのん?
てなこと考えつつ再びエンジン眺めてると、同じ駐車場のポルシェ乗りでドラッグレーサーことK氏がやってきた。
これはよいとこにエンスーが。
でもってK氏にも尋ねる。

「これは水足した方がいいねぇ。」

ここでパパもようやく決意。
さっき水足してきましたよ。
V6の容量が何リッターかわからないけど、800mlくらい足したかな。
それにしてもヘタレってのは何度も背中押されないと動けないってことを実感しました。

でも、なんで冷却水が減ったのか、水足してLLCの濃度は大丈夫なのか、まだ気になってるヘタレである・・・(ノ_-;)ハア…

Theme: イタ車を中心とした車の話。 | Genre: 車・バイク

Tag: ALFA ROMEO 147 GTA 156 冷却水 クーラント アルフィスタ

AlfaRomeo | 2009'04.19 13:14 | 固定リンク | CM[0] | TB[0] | PageTop↑

- TOP - | NEXT »

プロフィール

最近の記事

月別アーカイブ

タグ+カテゴリ

おみくじ

英単語2択クイズ

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

天気予報

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。